FC2ブログ

勝者はいるか?

私の生まれ育った町は、瀬戸内沿いの小さな町

そこのJR駅徒歩1分の商店街のど真ん中で育ちました。

戦後の工業化の恩恵がわが町にも及んで

子供の頃は活気のある商店街でした。

しかし、自家用車の普及の流れを先取りした連中が

駅の反対側で紡績工場跡地に大規模なショッピングセンターを作った途端

商店街はどんどん寂れて行きました。

設立に当たっては父にも声がかかったようですが

蹴飛ばしたとのこと、、、

しかし、ジリ貧は免れず数年後にテナントの同業者が撤退を期に

出店し、これが成功してなんとか食いつなぐことが出来ました。

しかし、商店街はどんどん寂れ区画整理で家の建て替えやら太い道路整備の影響で

シャッター通りと変貌しました。

さて、そのショッピングセンターも大店舗法の変更に伴って

周辺に同様なものが林立するようになってジリ貧、、、

今は細々とやっている状態が続いています。



さて、ここ八ヶ岳は移住先の人気が高まって

2000年には殆ど無かったショッピングセンターやホームセンター

それにコンビニが出来ました。

特にコンビニは出店ラッシュになっています。

このコンビニは様々な問題をはらんでいます。

例えば定年退職後に退職金をはたいて、あるいは貯金や借金で

脱サラしてコンビニ加盟店のオーナーになる人は多いようです。

しかし「お客さん」が増え、売り上げが上がりだすと閉店に追い込まれる

というのです。

やるのはコンビニ本部にです。

もともとコンビニ本部はそれが狙いのようです。

どういうことかというと、まず高いフランチャイズ料金を取って

出店させます。

その店が繁盛し出すと、今度は近くに本部の直営店をだすのです。

そして店が潰れるまで安売り攻勢をしかけるのです。

まあ、同業他社がその役割を担う場合のほうが多いでしょうから

店を出した人は気付かないでしょうけど、、、


さて、こういう店が増えると地元の店は衰退します。

更に地元のみならず観光客もここに金を落として行きます。

ということは、地元から金が抜けて衰退していくということです。

店の建設も指定の業者が他から来るようですから、

地元にはメリットが無いと言えるでしょう!

しかも売っている商品、とりわけ食品は怪しいですし、、、



TPP締結後は外資の巨大企業が進出して

日本のショッピングセンターやコンビニを飲み込むのだろうと予想しています。

果たして勝者はいるのでしょうか?


地域固有のコンビニなど作って防衛すべきです。

あれから4年になろうとしていますが、、、

大地震と原発爆破から4年になろうとしています。

が、真実は示されずしかも多くの人は目をそらしたまま

自分の快楽を追及しているように感じるのは私だけでしょうか?

何のために原発があるのか?

非効率な発電設備を100km以上も離れた場所に作って

発電された電力の少なくとも2/3は損失(熱)で失われるというのに

誰も疑問に思わないのでしょうか?

原発事業の主力は発電にあらず!

では何?

それはウラン濃縮事業です。

福一の場合

1号機と2号機は発電プラントであるが、

3号機と4号機の原子炉はウラン濃縮プラント

原子炉内には核燃料棒ではなく拡散筒が入れられていた。

そのことは、地元には知らされず補助金と雇用目当てに原発建設を

受け入れたのでしょう。

しかし、これだけの事件が起きたのですから徹底的に住民を含めた国民が

議論すべきです。

議論するには徹底した情報集めが必要です。

何故こんな非効率なものを消費地から遠くに建設したのか?

この疑問だけでも全うな答えを出来る人は居ない筈です。

よく専門家とか大学の先生が登場しますが、大学の先生の

殆どが実務経験の無い頭でっかちの人たちで

教科書に載っていないことに関してはカラッキシ駄目で

論理的な思考が出来ないのです。

要するに他人任せでは駄目だということです!

原発反対のデモは全く無意味です。

何がどう駄目だから、こうすべき!だと言わなければ、、、



チェルノブイリ事故(事件?)から30年になろうとしていますが、

内部被爆と思われる病人は未だに増え続けています。

復興と称するショックドクトリンが継続されている東北ですが

一刻も早く他へ逃げるべきだと思っています。

全ての人が病気になることは無いかもしれませんが

病気になる確率が高いことには疑いようも無く

自分や自分の家族が病気になれば取り返しがつかないのですから

今からでも遅すぎはしないと思います。

政府は借金の棒引きを約束すれば大きく前進するはずです。

日銀が紙を刷って地方銀行にばら撒けばいいんです。

これで一体誰が困りますか?

金持ちは幸せか?

世界の長者番付が発表されました。

まあ誰が何位になろうが、どうでもいいのですが

問題は、貧困層が加速的に広がっているということ!

堤未果著の“㈱貧困大国アメリカ”などでもわかりますが

先進国だとしても止めようもないぐらい貧困な人が増えています。

これが、単なる貧乏なら未だいいのですが

いつの間にか、何をするにも金(かね)!金(かね)!金(かね)!という世の中に

なってしまいました。

信用できる人は減り、信用できるのは金!

さて、自分自身これまで色々な人に出会ってきて

豪族の末裔で某風光明媚な半島の四分の一所有している跡取り

五十数代続く大地主の当主

上場会社の跡取り

ベンチャー会社の株を叩き売って一攫千金の人

色々金持ちの人には縁がありましたが、

幸せそうだと思ったことは一度もありません!

幸せにならない根幹はやはり金だろうと思っています。

必要以上の金を手にすると

やたらと金持ちぶった生活(豪邸、高級車など)を始めたり

もっと金の亡者になったり

子供を甘やかし放題だったり

本来あるべき姿を考えようともしないのではないでしょうか?



貴方は、お金とは何ぞや?

と言う質問にきちんと答えられますか?

仮に、この世に10人居たとして銀行から住宅を担保にして

年利5%で100万円借りたとして、

1年後何が起きるでしょうか?

総額1000万円の争奪戦となるわけで

しかも1年後に105万円以上手元になければ家は持っていかれる

でも、どんなにあがこうが必ず誰かは持っていかれるのです。

元締めの銀行はというと、苦労もなく資産が手に出来るのです。

では、中央銀行とは何ぞや?

今でこそゼロ金利ですが、ずっと金利をつけて紙切れを貸し出して

金利を儲けていました。

そのお金は何処へ行ったのでしょうか?

庶民の気付かない処へ行っているのです。



金を儲けるなというつもりはありませんが、

儲けた人は、何かしら恩返し的な取り組みをすべきだと思います。

少なくともお金の循環を積極的にすべきでしょう!

株とか不動産といったギャンブルではなくて、人の生活に貢献できる

取り組みを、、、

そうする姿勢が、自分や家族の幸せに帰ってくるのだと私は思います。



ベアアップのニュースを一所懸命に流していますが

ピラミッドの頂点の会社だけ給料が上がっても世の中は良くなりません!

乾いたタオルを絞るのを止めませんか?

絞りすぎると破れて元には戻らないのですから、、、

お薦め本一覧

ここ数年に図書館で借りた本の中で

私の特にお薦めの本を一覧にしておきます。(●は是非!)

鳥インフルエンザの正体 ジョン・コールマン著
「モンスター食品」が世界を食いつくす!
                船瀬 俊介 著
●TPP黒い条約        中野 剛志[ほか]著
●グローバリズムが世界を滅ぼす エマニュエル・トッド著
世界を不幸にしたグローバリズムの正体
                ジョセフ・E.スティグリッツ著
●<株>貧困大国アメリカ  堤 未果 著
沈み行く大国アメリカ   堤 未果 著
ショック・ドクトリン(上下)  ナオミ・クライン 著
●日本人の99%が知らない戦後洗脳史
                 苫米地 英人 著

日本人のルーツ       竹内 均 著
日本語とアイヌ語      片山 竜峯 著
日本人と日本語の起源   轆輪 真山 著
●日本超古代地名解     古川 純一 著

沈黙の大陸 アトランティス・ミステリー 南山 宏著
不思議発掘!        並木 伸一郎 著
人類は古代核戦争で一度滅亡した  並木 伸一郎 著

●神々の指紋(上下)     グラハム・ハンコkック著
アトランティスは南極大陸だった!!  ランド・フレマス著
人類(ホモ・サピエンス)を創成した宇宙人  ゼカリア・シッチン著


極め付きは、最後の3つです。

これを読んで、進化論を信じる人がどの位いるか?興味がありますが

これと同じぐらい興味があるのが、苫米地氏の本を読んだ人の反応です。

恐らく殆どの人は信じないでしょうね!

それが長年教育やマスコミによる洗脳の結果なんだろうと思っています。

だからまた過ちを繰り返すのです。

これらの著者がTVに出ることは殆どありません

出たとしても、核心部分は喋らないでしょうし、局もカットするはずです。

まあ、この記事を読んで本を手に取る人は開眼した人だと思いますが

良ければ拡散してください



さて、キャベツの種まきしますか、、、

始動

長い冬休みもそろそろお終いです。

読書も次に借りる分でお終いにして

種まき、堆肥撒き、耕運などに加えて

農機具小屋づくりなど忙しくなりそうです。

さて、どこやらの皇太子がお金を目当てにいらしています

隠し財産が17京円とも言われる誰かさんに戦費でもお願いしているのでしょう

当面日本が直ぐに戦争になりそうにもありませんが

2年後2017年あたりには経済破綻→戦争などということは十分考えられます。(97年、07年と起きているので)

今年日本で危ないのはやはり大地震でしょうね

4月、5月説が出回っていますから、ご注意を!

これらに備えるため秘密の計画を始める予定です。^^
プロフィール

八ヶ岳の百姓

Author:八ヶ岳の百姓
元エンジニア
脱サラして今は百姓
洗脳社会から目覚めて真実探しと
幸せな生き方を追求しています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード